日本海側制覇の旅(青森・下北~岩手編)♪

 中断してましたが、旅行のつづきで~す

 青森は2年前の北海道旅行以来になります。。。

 その時は行きは大間港、帰りは青森港着で港を利用しただけで終わった感じに~

 せっかく本州最北端まで行ったのに通過しただけで終わるのも。。。

 で、前回UP済みの「津軽半島編」、今回は「下北半島編」でまわってま~す 


 22日(火)  宿=みちのく道=下北道ー道の駅「よこはま」-(むつ)
           -(川内)ー脇野沢港道の駅「脇野沢」ー(川内)ー
           仏ヶ浦大間(崇徳寺~大間港~大間崎)ー薬研温泉
                薬研荘(泊)


 朝は前日買っておいたサンドイッチ等を食べ、宿をチェックアウト。。。

22日(1)

 途中立ち寄った道の駅で「ほたてバーガー」が美味しそうとまろんパパ。

 小腹も空いてきたので買い アツアツサクサクで美味しかった~

 出発した時は降ってた雨も、むつに着く頃は止んでて晴れ間も~

 気分良く走行中に停止させられ、ガ━━(´・д・`|||●)━━ン

 スピード違反取り締まり中でした。。まさか40㌔制限とは(´ヘ`;)とほほ・・

 まぁコレで何かの難を逃れたと思って気分を立て直して~

 と、次の道の駅で「土砂崩れの為、通行止め」の文字がっ

 道の駅の方にお聞きして途中「川内」まで逆戻りに。。。(*ノω<*) アチャー

 また雨も降りだしたりででも途中でお猿さんに出くわしたりで

 脇野沢の猿は世界のサル類分布でも最北限で国の天然記念物に指定


 大幅に余計な時間をとっちゃったけど、無事「仏ヶ浦」到着

 遊歩道入り口に「熊出没注意!!」の看板があったので、

 まろんは車でお留守番。(万が一の時まろんを守りきれる自信がないので

22日(2)

 遊歩道からは15~20分、坂あり階段ありの山道を下った海岸が仏ヶ浦です

 そこからは遊覧船も出てますが、時間もあまりないので海岸からの眺めだけ・・・

 海岸からも自然が織り成す造形美のスケールには圧倒~ w((´ω`))wワオッ!!

 如来の首、五百羅漢、一つ岩、観音岩、極楽浜など仏にちなんだ名前が

 それぞれにつけられ極楽浄土を思わせます。

22日(3)

 真ん中は、仏ヶ浦駐車場から車で5分程の所にある展望台からの眺めです

 白緑色の凝灰岩が約2Kmにわたって連なる岩の数々を見る事ができます


 大間に入ったら「お寺さんの地ビール」があるというので寄ってみる事に。。。

 お寺「梅香山 崇徳寺」で醸造した日本初の地ビールだとか

 興味半分で案内板をみて入ってみると自販機でビールを売ってました

 飲めない口だけど、せっかくだから3種類のビールを買ってみました

22日(4)

 そして今年4月、新たに建て替えられた「大間フェリーターミナル」へ。。。

 2年前北海道に渡った時は普通の事務所っぽい感じだったけど近代的に~


 そして、この日の最終目的地 本州最北端の地「大間崎」へ。。。

 大間崎の沖合に浮かぶ弁天島に「大間崎灯台」が見えます

 雨もポツポツしだしたので、まぐろ一本釣りモニュメントの前で記念撮影

22日(5)

 午後5時半、この日の宿 薬研温泉にある「薬研荘」に到着~

 夕食は部屋食で珍しい「山菜料理」でしたが((美^~^味))モグモグ♪

 今までの宿は日本海側という事もあり海鮮中心の食事が続いてたので、

 普段はあえて食べたりしない まろんパパも美味しく頂いてましたよ~

 ココの女将さん、山菜キンコ採りの名人・山歩きの達人で、

 それでもてなすのが自分のやり方という

 わんこへの心配りも良くて寛げました~

 

 23日(水) 宿ー恐山=下北道=みちのく道=東北道ー弘前城
           東北道ー岩手(八幡平)
               ペンション むってい(泊)

 朝食は食事処だったので、まろんは朝ごはんを済ませ車で待機でした

 チェックアウトの後は、女将さんと一緒に写真を撮らせてもらいました~

23日(1)

 前日は暗くて紅葉してる薬研温泉の景色を見る事なく宿についたので

 薬研温泉入口で写真を撮ったりして「恐山」へ向かいました。。。


 恐山に入ると霊界と俗界との境という「三途の川と太鼓橋」があります

 罪人はココを渡る事が出来ないと言われるそう
 
23日(2)

 比叡山、高野山と共に日本三大霊山に数えられている「恐山」

 いよいよ現世と来世をつなぐ場所へ入山(入山券500円)

 まろんは「総門」前で写真だけ撮って車で待機してもらいました~

23日(3)

 境内に入ると、風車がガラガラとまわり・・・

 荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ち込める様子は地獄に・・・

 辿り着いた先は宇曽利山湖の白い砂浜で極楽浄土を思わせます

23日(4)

 ここから、本州最北東端の「尻屋崎」から太平洋側を通り宿のコースか、

 青森に戻るようになるけど「弘前」コースか迷ったけど、弘前城の方へ。。。


 「津軽藩ねぶた村」の駐車場に車を停めて「弘前公園」へ

 青森といえばなのに、やっとココに来て「りんごの木」とご対面

 駐車場のお兄さんが「弘前城に入るのならワンコは抱っこで~」と教えてもらい、

 抱っこで移動は無理なので、車からカート登場デス

 外歩きでのカート移動は初めてのまろん、このカートも今回の旅行用で買ったもの

 家の中で、さんざん乗る練習した甲斐あって大人しく乗ってくれました~

23日(5)

 弘前城の見えるベンチで、持参のパンとコーヒーで軽くお昼に。。

 弘前城の方へも入園してみました(入園料300円)

 弘前城は、二代目藩主の信枚が慶長15年(1610)に着手し翌16年に完成。

 津軽氏の居城として廃藩に至るまでの260年間、津軽藩政の中心地でした

 せっかくなので、まろんパパは天守閣の中を見て来ましたよ~

23日(6)


 午後6時前、この日の宿 岩手県八幡平「ペンションむってい」到着

23日(7)

 夕食は「豪華フルコースディナー付…」なので、この旅行で初お肉料理~

 食材は全部岩手県産のもので、お肉もお魚もお野菜も…ワイルドー(*≧m≦*)ププッ

 まろんパパもこのステーキには満足×2 もちろん まろんママも~

 ここは、食事処もワンコOKです

 が、まろんのご飯はお部屋で いつものカリカリフードでした~


 やっと、帰路編にはいりました~

 つづきま~す



スポンサーサイト




コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»